DARI Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS グレンツェンコンクール本選

<<   作成日時 : 2007/01/29 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日はコンクールの本選だった。
参加人数が多いため、2回に分かれたうちの前半戦。
娘のまるだけ参加しました。
結論!「びびってしまった〜

まるは、弾く前に「音がわからなくなった」と言ってきた。
エアピアノみたいな感じで机の上で弾いていてわからなくなったらしい。
つまりは、楽譜がきっちり頭に入っていないのと、
曲の構成をちゃんと理解できてなかったわけだね。

バロックの曲だったら、びっちり片手ずつ暗譜させて
アナリーゼ(楽曲分析)もしっかりさせるんだけど、
今回はギロック(現代曲)の短い曲だったので、きちんとしてなかった

もちろん、音を忘れたわけじゃないと思う。だって忘れようもないぐらいの
短い曲だもん。ただ、自信のなさが招いた結果だと思う。

本番はフォルテのところで音をはずして
全体的にこじんまりとした演奏になってしまって
審査員の評価も大きくわかれていた。

よく考えて表現できていると書いてくださった先生と、
子供らしくもっと元気に弾いてくださいと書いてくださった先生。

おっしゃるとおーり!!
どうせ緊張するんだもん。思い切って自分の音楽を表現しようよと娘には伝えた。
そして、「音がわからなくなった」とかしょうもない言い訳はしたらあかんと
そこはきっちり言った。
「自分で楽譜をよーく読もう。いつもお母さんに頼ってるやろ?」

審査員の先生がおっしゃっていた。ただ弾くだけでなく
「自分で楽譜が書けるぐらい」机の上の勉強も大事なんだと。
今回の失敗を大きな経験にしてほしい。

何とかぎりぎり準優秀にすべりこんで、次は大阪のシンフォニーホールで弾ける!
昨日の会場も、立派なコンサートホール。(兵庫県立芸術文化センターの大ホール)
そうそう立てる舞台ではない。
コンクールの趣旨は「素晴らしい響きのコンサートホールで弾く経験をしよう」
ということらしく、子供たちには本当に贅沢な体験をさせていただいてます。
事務局の先生方、ありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グレンツェンコンクール本選 DARI Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる